Twitter - SIUPのひとりごと -

ストーマと日常生活

トップページ > ストーマと日常生活 > 仕事

仕事

手術後、心身ともに回復してきたら仕事に復帰できます。職場には不意の装具交換を想定して、ストーマ装具や装具交換に使用する物品を置いておくと安心です。職場のトイレは多数の人が利用するため、排泄の際の臭いが心配となることがあります。その場合は、ルームデオドラントや消臭剤を利用するとよいでしょう。

ストーマを保有していることは、急な体調不良などのトラブルや業務上でのサポートが必要な場合は、状況をみながら上司や親しい同僚などの限られた人に告げるとよいでしょう。

ストーマを保有してもたいていの仕事は行うことができますが、過酷な労働や重いものを持ち上げるような仕事は、ストーマ旁ヘルニアなどの合併症を発生することがあるため主治医に相談をしましょう。または、あらかじめ仕事の時にはサポートベルトを着用するなどの対応が必要となることがあります。

仕事復帰の注意

  • 職場にはストーマ装具や交換に必要な物品を置いておきましょう。
  • 臭いが気になる場合は、消臭剤を利用しましょう。
  • 上司や親しい同僚にはストーマを保有したことを告げたほうがよい場合があります。
  • 通勤途中に使用できるトイレを見つけておくと便利です。

お気に入りトイレがあると

ビジネスマンの順平さん
いつものように仕事に向かう仕度をしています。

通勤電車の順平さん
今日も電車は満員です。

 

 

「どこか様子がおかしいよう…。」


どうやら
お腹の調子が悪くなってしまったようです。

「昨日の宴会で食べすぎたかな?」


そういう時のために広めで空いているトイレ
どの駅がいいのか日頃マークしているようです。


自分が使いやすいトイレをマークしてあれば
いざという時、慌てず心配が少なくてすみますね。

「今日もがんばるぞ!」

▲ページのトップへ戻る

文字サイズ(大) 文字サイズ(中) 文字サイズ(小)